葉酸の効果と摂り方

葉酸って何?

葉酸はビタミンB群の一つ。
水に溶ける水溶性ビタミンです。
葉酸は、たんぱく質や細胞をつくる時に必要なDNAなどの核酸を合成する働きがあります。
細胞分裂が活発な胎児の正常な発育や、赤血球の細胞の形成を助けるなど重要な役割を担っているんです。

葉酸はほうれん草、ブロッコリー、枝豆、モロヘイヤ、レバーなどに多く含まれています。
これらの食物を普通に摂っていれば、葉酸の摂取不足を心配することはほとんどありません。
しかし、妊娠中の方は葉酸の必要量が二倍になります。
上記の食物に含まれる葉酸の量では足りないので、妊娠中の方は葉酸サプリなどを積極的に摂る必要があるのです。
葉酸サプリの摂取量を守っていれば副作用が起こる危険性はありませんが、過剰に摂取すると発熱、じんましん、神経障害が起こる場合があるので過剰摂取は避けてください。

また、葉酸は妊娠を望む方や妊娠の可能性がある方に必要です。
その理由は、葉酸を摂ることで赤ちゃんの先天性の障害のリスクを軽減させることができるからです。
具体的に挙げると、ダウン症、神経管閉鎖障害(無脳症・二分脊椎)、自閉症など。
妊娠をしていても、生理が遅れたり体調が優れないことで妊娠に気づく方が多いですよね。
しかし、気づいた頃にはすでに胎児は成長中。
成長に必要な葉酸を胎児に届けるためにも、妊娠する可能性のある方は葉酸を摂っておかなくてはいけないのです。

葉酸を摂ることで、流産のリスクを減らすこともできるんですよ。
また、葉酸は妊娠する可能性のある女性だけが必要なのではありません。
妊娠を希望する男性にも葉酸は必要です。
その理由は、葉酸を摂ることで精子の染色体異常を防ぐことができるからです。
また女性と同じように、胎児の神経管閉鎖障害、ダウン症胎児を防ぐこともできます。

不妊でお悩みのカップルは、二人で葉酸を摂ることがオススメです。
葉酸を摂ることで、質の良い受精卵を作ることができますし、健康な赤ちゃんを産むことができます。
健康になりたい方、妊娠を望む方は積極的に葉酸を摂っていきましょう!

ページのトップへ戻る