葉酸の効果と摂り方

葉酸の1日の摂取量の目安

葉酸の摂取量は一日に、400μgと定められています。
400μgの葉酸を、食事以外のサプリで摂取するようにすると健康に良いです。
特に妊娠初期~妊娠中期は、葉酸がとても大事になります。
葉酸を摂取することで、流産のリスクを軽減できたり、先天性奇形、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすことができるんです。

葉酸はレバー、ほうれん草、枝豆など比較的手に入りやすいものに含まれているのですが、葉酸は熱や水に弱く栄養が破壊されやすく、体に吸収されにくいという性質があるので、食事だけで葉酸を十分に摂ることは不可能です。

一日に必要な葉酸を摂るためには、サプリが一番です。
サプリはご存知のように水でそのまま飲めるので、栄養が壊れることなく体内に届きます。
そして、サプリだと体に吸収されやすいので、効果的に葉酸の栄養を摂ることができるんです。

葉酸サプリは数多く存在するのですが、どのような葉酸サプリを選ぶと良いのでしょうか。
まずは、安全性です。
化学合成添加物が無添加なもの、放射能チェックを行っている会社のサプリを選びましょう。
葉酸サプリは毎日摂るので、安全性は一番大事なポイントです。
妊娠中の方は、赤ちゃんの健康のためにも安心して飲めるサプリを選んでくださいね。

ビタミンB12が入っている葉酸サプリを選びましょう。
葉酸と協力関係にあるビタミンB12。
葉酸と同じく細胞分裂の働きやDNAやヘモグロビンの合成をするので、特に妊娠中には必要なんです。
葉酸の再利用をサポートする働きもあるので、ビタミンB12が入っている葉酸サプリを選ぶと効果倍増ですよ。

最後に、厚生労働省が推奨している400μgの葉酸が摂取できるサプリを選びましょう。
一日に何粒サプリを飲めば良いかは、商品によって異なるので必ず記載されている摂取量を守って飲むようにしてくださいね。

葉酸の一日の摂取量を守らず過剰に葉酸サプリを摂取し続けた場合、吐き気、じんましん、呼吸困難など様々な健康障害を起こす危険性があるので、必ず摂取量を守って飲むようにしましょう。

ページのトップへ戻る