葉酸の効果と摂り方

推奨量を食事で摂取するのは不可能?

葉酸が多く含まれている食べ物は、レバー、ほうれん草、焼き海苔、納豆です。
葉酸の摂取量は、一日400μg。
一日の摂取量をほうれん草で摂ろうと思うと、毎日4束分のほうれん草を食べなくてはいけなくなります。
また、葉酸が豊富に含まれているレバー。
レバーにはビタミンAがたくさん含まれています。
妊娠中にビタミンAを過剰に摂取すると、胎児の先天異常のリスクが高まってしまいます。
ですから、葉酸を摂るためにレバーを食べるのは避けたほうが良いでしょう。

食物に含まれている葉酸は、調理中に壊れてしまうという特徴もあります。
たくさん食べても、摂取できる葉酸の量は約半分ですから、非効率的ですよね。

葉酸の一日の摂取量を食事から摂るのは、ほぼ不可能といっても良いです。
葉酸サプリだと、効率的に葉酸を摂取することができます。
葉酸サプリは体内に吸収されやすいようになっているので、食物から摂るよりも健康効果を実感しやすいというメリットもあるんですよ。

先ほど葉酸が多く含まれている食物として、焼き海苔や納豆を挙げました。
毎朝、焼き海苔や納豆を食べる習慣がある方が、葉酸サプリを飲むことで葉酸の過剰摂取にはならないのでしょうか。
一日に必要な葉酸の量は400μgですが、1日あたり1000μgをオーバーしなければ大丈夫です。
焼き海苔や納豆に葉酸は含まれていますが、先ほども述べたようにたくさんの量を食べなければ十分な量の葉酸を食物から摂ることはできません。
ですから、葉酸サプリを飲んでいつもの食事をしても問題ないのです。

葉酸は特に妊娠初期~中期に必要な栄養成分ですが、悪性貧血やうつ(ストレス)でお悩みの方にも必要な栄養です。
葉酸にはアンチエイジング効果もあるので、美容に興味のある方にもオススメの栄養なんですよ。
葉酸の摂取量は多くても少なくてもダメなのです。
適度な量を毎日継続的に摂ることで、健康を維持させることができます。
サプリで栄養を補助するのは抵抗があるという方もいらっしゃると思いますが、摂取量を守っていれば副作用も出ません。
葉酸を積極的に摂って、健康的な生活を送っていきましょう!

ページのトップへ戻る