葉酸の効果と摂り方

葉酸過敏症ってなに?

葉酸過敏症とは、葉酸の過剰摂取によって起こる様々な副作用のことです。
葉酸過敏症になると、じんましん、呼吸障害、吐き気、かゆみなどの症状が出てしまいます。
妊婦さんの場合には、赤ちゃんが喘息になる可能性が高くなるといわれているんですよ。

葉酸過敏症にならないために気をつけることは、葉酸を過剰に摂取しないことです。
葉酸を効率的に摂ろうと思ったら、サプリが一番。
葉酸サプリは商品によって、摂取量が異なります。
一日の摂取上限は、1000μgですので、それ以下なら副作用が起こる危険性はありません。

葉酸過敏症のことを考えると少し怖いですが、葉酸サプリは摂取量を正しく守っていれば起こりえません。
葉酸は特に妊娠初期~中期に必要な栄養なので、妊婦さんは継続して飲み続けるようにしてくださいね。

葉酸が多く含まれている食べ物があります。
それはレバーです。
レバーを食べ続けていれば、葉酸サプリを飲まなくても良いのではないかと思いがちですよね。
しかし、レバーにはビタミンAが大量に含まれています。
ビタミンAは妊娠中に過剰摂取すると、先天性の異常を引き起こす危険性があるんです。
ですから、葉酸をレバーで摂取することはやめてください。

葉酸は、緑黄色野菜にも多く含まれています。
しかし、葉酸は水や熱に弱いという特徴があるので、調理の段階で半分の量の葉酸が壊れてしまうんです。
ですから、食物から葉酸を摂ろうとするとかなりの量の食物を食べなくてはいけなくなります。
また、葉酸は体に吸収されにくいという特徴もあります。
これらのデメリットを克服するためにも、葉酸をサプリで摂ることをオススメします。
葉酸をサプリで摂れば、必要な量の葉酸をそのまま体内に届ける事ができるんです。

葉酸は過剰に摂ると葉酸過敏症になり、葉酸が不足すると葉酸不足で様々な健康障害を起こしてしまいます。
大事なことは、葉酸サプリを記載されている通りの量だけ飲むということです。
これだけで健康な体を維持させることができます。

ページのトップへ戻る