葉酸の効果と摂り方

葉酸の推奨量ってなに?

葉酸の一日の推奨量は、240μgです。
妊婦さんの場合だと、一日の推奨量が480μgになります。
これは葉酸が胎児の成長には欠かせない栄養だからです。
葉酸は細胞の分裂や増殖をサポートする作用や、DNAで構成された核酸の合成を助ける作用があります。
妊娠初期に葉酸が不足すると、先天異常を起こすリスクが高まってしまうんです。

このため厚生労働省では、「妊娠する一ヶ月以上前から妊娠三ヶ月までは、葉酸を摂取ることが望ましい」としています。
妊娠の可能性のある方や妊娠を希望する方は、普段から葉酸を摂取しておくことがオススメです。

葉酸の摂取上限は、一日1000μg。
1000μgをオーバーすると、葉酸過剰摂取による様々な副作用を起こす危険性が上がります。
例えば、吐き気、発熱、じんましん、呼吸障害など。
妊娠中の場合には、赤ちゃんが喘息になるリスクもあるんです。

葉酸は食べ物にも含まれていますが、食べ物に含まれている葉酸の量は調理をする段階で半分にまで減ります。
これは葉酸が熱や水に弱いからです。
葉酸を効率的に摂取したいとお考えの方は、葉酸サプリのご利用をオススメします。
葉酸サプリだと一日の摂取量を簡単に摂ることができますし、食物から葉酸を摂った時よりも吸収率が良いです。

葉酸サプリによって、一日に何粒飲まなければいけないかが異なります。
健康になりたいからといって、決められた摂取量よりも多く飲んでしまうと副作用を起こしてしまうので注意が必要です。

葉酸は妊婦さんだけが必要な栄養ではありません。
ストレスが多い方、食生活が乱れがちな方にも葉酸は必要です。
葉酸は健康効果だけではなく、育毛効果、美肌、アンチエイジング効果もあります。
健康にも美容にも興味のある方は、ぜひ葉酸サプリをご利用ください。
葉酸サプリを選ぶときには、無添加で安全性の高いものを選ぶようにすると安心です。
葉酸サプリは継続的に飲まなければいけません。
お財布的にも優しいものを選ぶと、無理なく続けやすいですよ。

ページのトップへ戻る