葉酸の効果と摂り方

葉酸とビタミンB12の関係性

葉酸は、妊娠中に欠かせない栄養として広く知られています。
胎児の成長には必要不可欠な葉酸。
妊娠中以外にも葉酸は必要です。
葉酸が不足すると貧血になりやすくなったり、粘膜系の器官にトラブルが起きやすくなってきます。

葉酸の様々な働きをサポートしてくれる栄養が、ビタミンB12です。
ビタミンB12は葉酸の再合成に関係しています。
葉酸はDNA合成に関与しているので、不足してしまうと体の各組織で正常に細胞分裂できなくなってしまいます。
葉酸が不足してしまうと、体内にあるビタミンB12が葉酸の再合成に使われます。
このビタミンB12までも不足すると、再合成できなくなってしまうんです。

葉酸とビタミンB12は役割がとても似ています。
お互いの役割をサポートし合う関係にあるといって良いでしょう。

葉酸とビタミンB12が不足することで起こる症状で代表的なものといえば、巨赤芽球性貧血です。
葉酸とビタミンB12が不足すると、通常よりも赤血球が大きくなってしまいます。
骨髄での増結能力は上がるけど赤血球になる前に壊れてしまい、白血球や血小板も同じような状態になってしまいます。
この状態になるとすべての血球が減少してしまうので、結果的に貧血の状態が引き起こされてしまうのです。
巨赤芽球性貧血は、日本人にはあまりみられません。

ただし、葉酸やビタミンB12を必要とする妊娠中、小腸や胃の摘出手術を受けた方は、巨赤芽球性貧血が起こる場合があるので気をつけなければいけません。

葉酸とビタミンB12不足を起こさないようにするには、ビタミンB12配合の葉酸サプリを飲むことです。
葉酸サプリは数多く販売されているのですが、特に妊婦さん向けの商品でビタミンB12が配合されている葉酸サプリを見つけることができます。

妊娠中は食事もままならないことが多いので、赤ちゃんの健康とママの健康のためにも、 積極的にビタミンB12配合の葉酸サプリを摂りましょう!

ページのトップへ戻る