葉酸の効果と摂り方

葉酸を飲んだら太るって本当?

赤ちゃんの発育に必要なため、妊娠中に葉酸を摂る方が増えてきました。
葉酸を飲んだら太るという噂がありますが、これは本当なのでしょうか。

結論から言うと、これは間違いです。
では、なぜこのような噂は広まったのでしょうか。
それは妊娠中特有の体のトラブルが原因です。

妊娠中には、体の中が著しく変化します。
様々なトラブルとして体に現れやすくなるのですが、その中でも多くの方が悩むトラブルがむくみです。
妊娠中にむくみが起きやすい原因は、ホルモンバランス。
妊娠中はホルモンバランスが変化して、体に水分が溜まりやすくなるのです。
お腹が大きくなることで足の静脈が圧迫されたり、赤ちゃんに栄養を送るために血液量が多くなって血液中の水分が増えることでもむくみが起きやすくなります。

トラブルとはいえませんが、食べづわりで体重が増加する場合もあります。
食べづわりとは口に何かを入れていないと気持ち悪くなったり、空腹を感じると気持ち悪くなってしまう症状です。
食べづわりは、何かを食べていれば気持ち悪さを感じないので、つい食べ過ぎてしまって体重が増加しやすくなってしまいます。

このように、むくみや食べづわりなどで体重が増加するので、妊娠中は太るというイメージがついてしまったのです。
ですから、葉酸を飲んだら太るというのは間違いなんですよ。

葉酸を飲んでも太らないということがわかったところで、むくみや食べづわりの対策法を簡単にご紹介します。
むくみを軽減させるためには、マッサージがオススメです。
お風呂上がりなど体が温まっているときにマッサージをすると効果的。
着圧ソックスを着用することもオススメ。
しかし、妊娠中なので締め付けがきついものは避けましょう。

食べづわりでこれ以上体重を増やしたくない方にオススメなのが、ナッツやドライフルーツです。
ナッツやドライフルーツは噛みごたえがあるので少量でも満足感があります。
またビタミンやミネラルが豊富なので、体にも良いんですよ。

妊娠中は様々な情報に流されやすいですが、周りの情報に流されないようにして自分自身と赤ちゃんの健康を守っていきましょう!

ページのトップへ戻る