葉酸の効果と摂り方

葉酸の多い野菜

葉酸が多く含まれる野菜には、どのようなものがあるのでしょうか。
まずは、モロヘイヤです。
青菜類は葉酸の量が多いのですが、その中でも一番葉酸の量が多いのがモロヘイヤ。
モロヘイヤは100g中に250μgの葉酸が含まれています。

ほうれん草には生の場合210g、茹でた場合110gの葉酸が含まれます。
よく「ほうれん草は食べ過ぎるとよくない」といいますが、これは生のほうれん草を大量に毎日食べ続けた場合のことです。
適量のほうれん草を食べる分には、問題ないといわれています。

枝豆は100g中260十μgの葉酸を含んでいます。
枝豆はさやに入っているので、茹でても葉酸が溶けだしにくいのです。
冷凍の枝豆にも葉酸が豊富に含まれていますよ。

ブロッコリーは、最近注目されている野菜ですよね。
ブロッコリーは茹でても葉酸が120μg入っているんです。
風邪予防効果のある栄養も入っているので、妊婦さんにオススメです。

この他にも、芽キャベツ、かぼちゃ、水菜、菜の花、アスパラガスにもたくさん葉酸が含まれています。
葉酸は水や熱に弱いという性質があるので、生で食べられるものはできるだけ生で食べることがオススメです。
茹でて食べる場合には、電子レンジを使ったり、蒸したり、炒めると葉酸を逃さずにいただけます。

葉酸を含む野菜を効率的に摂るには、野菜スープもオススメです。
野菜スープなら葉酸が溶け出ても、すべて飲むので問題ありません。
カロリーも低いので妊娠中にも良いですよね。

葉酸が豊富に含まれている野菜を紹介しましたが、これらを毎日食べることは難しいです。
そのために妊婦さんには葉酸サプリがオススメです。
葉酸サプリ+葉酸を含む野菜を摂ると、過剰摂取になるのではないかと心配になる方もいらっしゃいますが、葉酸は体に留まっておくことができないですし、野菜から摂れる葉酸の量は調理の段階で減ってしまうので心配することはありません。

葉酸を多く含む野菜だけではなくそれ以外の野菜も積極的に摂り、バランスの良い食事を心がけましょう!

ページのトップへ戻る