葉酸の効果と摂り方

葉酸摂取を意識しすぎてビタミンAを摂りすぎないように

妊娠中には、葉酸を摂ることを勧められています。
葉酸を食物から摂ろうと思ったときに、葉酸が豊富な食べ物としてレバーが挙げられます。
しかし、レバーにはビタミンAも豊富に含まれているので、食べ過ぎてはいけないとよくいわれますよね。
妊娠中にビタミンAを摂るとどうなってしまうのでしょうか。

妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると、赤ちゃんが奇形に繋がる危険性が高まってしまいます。
しかし、厚生労働省では妊娠中はビタミンAを摂ることを勧めているのです。
これは一体どういうことなのでしょうか。

ビタミンAは、動物性由来のレチノールと植物性由来のβカロテンに分けられます。
摂取を控えたいのは、動物性のレチノールです。
レチノールは脂溶性ビタミンなので、過剰に摂ると体に蓄積してしまいます。
体内に蓄積してしまうので、奇形になるリスクが高まるというわけです。

ビタミンAが不足するとどうなるのでしょうか。
妊娠中にビタミンAが不足すると、骨や神経の発育不良を招いてしまいます。
ビタミンAは過剰でも不足でも胎児に対して悪影響を及ぼしてしまうのです。

それではどのようにビタミンAを摂るのが一番安全なのでしょうか。
それはβカロテンからビタミンAを摂取するという方法です。
βカロテンを多く含む食べ物は、モロヘイヤ、しそ、人参、明日葉、春菊です。
βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれており、キャベツ、ナスなどの淡い色の野菜には含まれていません。

妊娠中にはビタミンAの過剰摂取に気をつけなければいけないとご紹介しましたが、他にも妊娠中に過剰摂取してはいけない栄養素があります。
それは、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKです。
どの食物にこれらの栄養素が含まれているか、その度に考えながら妊娠期を過ごすのはとても大変ですよね。

大事なことは食べる量をほどほどにするということです。
特定のものだけ過剰に毎日摂っていると体に負担がかかってしまいます。
これは妊娠していない方にも該当しますよね。
妊娠中はバランスの良い食事を心がけるようにしましょう!

ページのトップへ戻る